Category Archives: 未分類

業者へ依頼

雑巾やおもちゃといった異物をトイレに流してしまった場合には、便器を取り外してこの異物を取り出す必要もあり、ラバーカップを使った方法でつまりを解消するのは難しいです。この場合には、速やかに業者依頼をすることが大切です。

業者に依頼をすると、ラバーカップを使って解消することもありますし、異物を流した場合には便器を取り外して異物を取り出します。もし配管につまりがあるようであれば、高圧洗浄などをしてつまりを解消することもあります。

また、この業者依頼をするときには、もしつまりの原因が分かっているのであれば、正直に伝えることも大切です。原因が分からないことで業者のスタッフも様々な方法で原因を調べる必要があり、そのことで時間がかかってしまい費用がかさむ心配もあります。

気になる費用ですが、トイレつまりが軽度の場合には5,000円~8,000円を考えていれば問題ないでしょう。しかし、便器を取り外すといった作業となると3万円程度は必要になることもあります。業者依頼をするときには作業に入る前に必ず見積りを出してもらい、どの程度の費用で作業をしてくれるのかを確認してから依頼をするようにしましょう。また、この時に追加費用が発生しないのかの確認もしておくと安心です。

つまる理由

トイレがつまった時には、まずは何を流したのかを考えてみましょう。一般的にトイレに流すものは、汚物とトイレットペーパーです。想像以上に汚物が出た場合にはそれだけでもつまりの原因となることがあります。

また、トイレットペーパーを大量に流した場合にもつまりの原因となります。トイレットペーパーは水に溶けるようにできているのですが、大量に流した場合には、密着しているためすぐには溶けずつまってしまうのです。このケースであれば時間が経てば自然とつまりも解消されることも考えられます。

その他では、ティッシュペーパーなどを流すケースです。トイレットペーパーをきらしてしまった時には、代わりティッシュペーパーを利用する人がいます。しかし、このティッシュペーパーは1時間水に浸していても溶けないと言われています。同じように生理用品などを流してしまい、溶けずにつまってしまうケースもあります。

トイレに流してはいけないものの代表格はティッシュペーパーです。トイレットペーパーをきらしてしまった場合に、つい使ってしまいがちですが、トイレに流すことを前提に水に溶けやすいように製造された、ティッシュペーパーは見た目は似ていても、水に溶けにくいという点で、トイレットペーパーとは根本的に異なり、詰まりやすい素材と言えるのです。

生理用品や紙おむつなどをトイレに流すことは絶対にやめましょう。

その他にも、小さな子供がいる場合ではおもちゃを流してしまうケースもありますし、掃除をしていて雑巾や軍手を誤って流してしまった、携帯電話を落として流してしまったというケースがあります。最初に紹介した汚物やトイレットペーパーでのつまりであれば、ラバーカップを使って自分でもつまりを解消することは可能ですが、その他のケースでは業者依頼をすることをおすすめします。

トイレのつまりを解消

誰でも一度はトイレがつまってしまい慌てた経験をしたことがあるのではないでしょうか。自宅だけでなく、公衆トイレでつまってしまった経験をした人もいるかもしれません。自宅では、忙しい朝にトイレがつまってしまうと、他の家族がトイレを利用できなくなり大変な思いをすることもあるでしょう。

このトイレのつまりのために多くの人が用意しているのがラバーカップです。ほとんどのトイレのつまりが、このラバーカップを使えばトイレつまりを解消することができます。忙しい朝でもこのラバーカップを使うことでつまりを解消し、大きな助けとなってくれるのですが、場合によってはいくらラバーカップを使ってもつまりが解消できないことがあります。

このような時には、まずトイレつまりの原因を考える必要があります。この原因によっては、トイレのつまりに効果的なラバーカップを使っても解消することができません。トイレがつまる原因の中には、以前から兆候があったり、流したものや流し方によってつまりの原因となることがあります。

その原因によっては、自分で解消できるものもあれば、業者依頼をする必要があるケースも出てきます。業者依頼をするのを面倒と感じ、なんとか自分でつまりを解消しようとしたことで、さらに状況が悪化してしまうケースもあります。つまりの原因によっては、無理に治そうとするのではなく、そのままの状態で業者に見てもらうことも必要なケースもあります。ここでは、トイレがつまる理由から、その解消法について紹介します。