つまる理由

トイレがつまった時には、まずは何を流したのかを考えてみましょう。一般的にトイレに流すものは、汚物とトイレットペーパーです。想像以上に汚物が出た場合にはそれだけでもつまりの原因となることがあります。

また、トイレットペーパーを大量に流した場合にもつまりの原因となります。トイレットペーパーは水に溶けるようにできているのですが、大量に流した場合には、密着しているためすぐには溶けずつまってしまうのです。このケースであれば時間が経てば自然とつまりも解消されることも考えられます。

その他では、ティッシュペーパーなどを流すケースです。トイレットペーパーをきらしてしまった時には、代わりティッシュペーパーを利用する人がいます。しかし、このティッシュペーパーは1時間水に浸していても溶けないと言われています。同じように生理用品などを流してしまい、溶けずにつまってしまうケースもあります。

トイレに流してはいけないものの代表格はティッシュペーパーです。トイレットペーパーをきらしてしまった場合に、つい使ってしまいがちですが、トイレに流すことを前提に水に溶けやすいように製造された、ティッシュペーパーは見た目は似ていても、水に溶けにくいという点で、トイレットペーパーとは根本的に異なり、詰まりやすい素材と言えるのです。

生理用品や紙おむつなどをトイレに流すことは絶対にやめましょう。

その他にも、小さな子供がいる場合ではおもちゃを流してしまうケースもありますし、掃除をしていて雑巾や軍手を誤って流してしまった、携帯電話を落として流してしまったというケースがあります。最初に紹介した汚物やトイレットペーパーでのつまりであれば、ラバーカップを使って自分でもつまりを解消することは可能ですが、その他のケースでは業者依頼をすることをおすすめします。